晩秋のアレンジメント

 

11月の前半には「自然さの度合い」をテーマに秋の庭に低く咲く小さな草を多種類使ったフラワーアレンジメントを作りました。
毎年11月は山にある枝木を使った大きなアレンジメントか、このようなお庭に咲く小さな草を用いた作品を作っています。

今回は自然さの度合いをテーマにして作品を作りました。
これはドイツのフラワーアレンジメント理論です。もともと秋の山にある枝木を使った作品を作る予定でしたが、夕食の食材をスーパーで選ぶように花市場にあった素材でこれ!というものを見つけテーマも自在に変えてしまいます。

そのほうがレッスンも新鮮になるようです。

 

フラワーアレンジメント教室トップへ▲