花と器2

前回の続き「花と器2」です。

 

簡単に前回のブログをについて説明しますと、古代ギリシャをテーマに花冠と花綱のレッスンをするにあたり、この器を選んで作品を2点製作していただきました。

 

詳しくは花と器1」をご覧ください。

 

 花と器~器

 

 

その後、この器を用い色々な作品を製作していただいたのです。

 

 

夏にはプリザーブドフラワーで貝殻をあしらった、サマーキャンドルアレンジメントを作っていただきました。
アーティフィシャルフラワーのオリーブの実も入れました。器の色を花にも加えるとバランスが良くなります。

 

 

 器と花キャンドルA

 

 

 

 

生花でパラレルの作品も製作しました。

広がりのある器には、広がりのある作品をアレンジするのが自然ですが、それを平行にアレンジすることで緊張感が生まれます。

初夏でしたから白砂でベースカバーをしました。

 

 器と花パラレル

 

赤とオレンジのモカラに利休草とベル鉄線の蔓が絡むようにアレンジしていただきました。上級者の方の作品です。

 

 

 

 

中級の方は器が求める自然な形でもある、広がる作品を作りました。
交差状に挿してあります。

 

 器と花拡がる

 

 

いずれも器の黒色をモカラの枝、ベル鉄線の黒紫色のつぼみで繰り返しています。
球形の透明ガラスの部分は白い砂とつながりを持たせました。

 

 

 

フラワーアレンジメント教室についてはこちら★

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。