水張りで背景づくり

menu

 

 

カリグラフィーの作品の背景づくりの一つに水彩絵具やインクで背景を着色する方法があります。

水貼りとは絵具の水が蒸発する時紙が縮まないようにする方法です。

 

 

あらかじめ作品用紙を水に浸し板に置き水張りテープで張り付け背景に色をつけるのです。
用紙から水分が蒸発するに従い、いったん伸びた作品用紙は縮もうとするのですが、それをテープで引っ張るという具合です。

 

 

上の生徒さんの作品はメニューです。
マゼンタ~紫味の赤色でシャボンをつくり華やかに着色してくださいました。文字部分は楕円形に白く抜いてくださり、繊細な文字がはっきりわかりますね。

 

 


大きな作品をつくる時はお風呂に作品用紙をつけることもあるのです。こちらは私の展覧会に出展した大きな作品です。
刷毛で大きな弧を描くように背景を描きました。

 

 

 AtoZ

 

 

 

 

 

 

カリグラフィー教室についてはこちら★

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。