夏の名残のある秋のアレンジメント

 

 

夏の名残のある秋のアレンジメントです。

ケイトウ、茶色になったアワ、ピンク〜赤の深みのある色合いの薔薇を使いました。

また画像ではわかりにくいのですが、ドウダンツツジもやや赤みを帯びており、小さな秋を感じるアレンジメントです。

 

しかし、まだ残暑が残りますから南側の窓辺に鉢植えで咲いている明るいブルーのルリマツリを少しカットしアレンジに加え、明るさを出してみました。

ルリマツリは地植えにしてあるお宅も多くまだまだ元気いっぱいに明るいブルーで輝いています。

お教室の鉢植えは花が終わり、処分したところです。

8月中は次々咲き窓辺を明るく涼しげに彩ってくれました。

 

さて、お教室では夏のリースから秋のリースに変え、生徒様をお出迎えする準備も同時に

行いました。

秋にしか花市場に出回らない花や枝木、実物もたくさんあり楽しみな季節になりました。

 

 

フラワーアレンジメントに関してはこちらです★

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。