ひまわりと紫陽花のアレンジメント

 

 

梅雨に入ったものの名古屋地方はあまり雨は降らず、今日も35度近い真夏用な日が続いております。

レッスン用のお花はなるべく持ちが良いものにしたいのす。

季節のお花はやはり持ちが良いため、ひまわりを使うことも多くなります。

 

その他は涼を感じる明るめの青と水色の紫陽花と組み合わせました。

メインのひまわりと紫陽花以外は明るいグリーンでまとめました。副花材として選んだスプレー薔薇もグリーンのものです。

葉はミントを使いましたので、爽やかな香りも楽しめます。
ミントは色が柔らかく花を素敵に見せてくれますし、やはり強いので花持ちが良いためとても助かります。

その他は動きのある空間が出るようにドウダンツツジを使いました。

 

アクセントには茶色のフェルト地がつぶになったように丸くなったバーゼリアを使いました。このような茶色の実は、派手にしたくないけれど全体を引き締めたいときによく使います。

 

 

 

フラワーアレンジメントに関してはこちらです★

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。