ウェディングブーケの持ち方

ウェディングブーケはウェストラインで持つと美しいのです。

 

_L5A3026

 

 

でもついつい上に持ってしまいがちなんですね。

比べてみましょう。

 

IMG_0096

 

 

どうでしょうか?
上の画像の方が美しいでしょう?

これは理由があるのです。

古代ギリシャまでさかのぼり、有名なミロのビーナスのプロポーションからも説明できるのですよ。

ミロのビーナスのプロポーション

頭からおへそまでの高さ:おへそから足までの高さ≒3:5なのですね。
3:5とは古代ギリシャ時代から美しいされてきた、分割バランスで「黄金分割」に限りなく近い数値です。

 

つまりおへそのあたりにブーケの中心を持ってくると美しいのです。

 

ぜひ覚えておいて下さると良いかなと思います。

あと、肩を落とし胸をはると鎖骨のあたりもとても美しく見えます。

クラシックバレエの基本ポジションです。

 

当教室でもこの春から6月にかけてご自身やお嬢様、ご友人がご結婚されます。

より美しく想い出に残るウェディングを。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。