ミュゼカブログ

アーティフィシャルフラワーで英国伝統のスタイルを

2015-02-09

oval

 

 

35

 

昨年11月に名古屋にアトリエをオープン致しまして、思いがけずアーティフィシャルフラワーが人気だったことに少々驚いています。
今まではせいぜいプリザーブドフラワーアレンジの葉や実として使っていた程度でした。

 

さっそくある生徒様から店舗のディスプレイに使える1万円程度の作品を1年間と押して製作したいとのご依頼をいただきまして、レッスン内容を考案しているところです。


すでに、ドアリースは(もちろん!)レッスンしてくださいました。

※もちろん!と書いたのはこれはブログでもご紹介していますが、当教室ではすでに50個以上のレッスンをしています。
あと5作品のオーダーも残っています。

これは材料代¥3,500でお作りいただいていますので、受講料ともども¥5,000程度のレッスンです。

 

FullSizeRender-7

 

 

そんな経緯があり、春のドアリースとしてミモザのリースも10個ほど準備いたしましたら、3日でご予約がいっぱいになってしまいました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

さて、ディスプレー用作品レッスンをご希望された生徒様の初回レッスンは、冒頭の写真をお見本に英国伝統のオーバルアレンジメントを復習もかね作っていただきました。

次はパラレル(ドイツ1970年代に発表)、クレセント(英国伝統のフォルム)などオーソドックスな作品を作り、ロマンティックなバスケットアレンジや、帽子ケース風ボックスアレンジ、多肉植物の洗練されたデザインなどなど新しいデザインを考案製作中です。
楽しんでいただけると良いなと思っています。

 

アーティフィシャルフラワーに関しましては、ある程度作品がまとまりましたら当ホームページ上に新たにページを作りご案内いたします。

NFDの検定の単位にもなりますので、ご希望の方はご予算と合わせお申し越しくださいませ。

 

 

フラワーアレンジメント教室なら名古屋のミュゼカへ★

 

 

 

 

 

 

 

 


Copyright© Copyright© 2012 museca All Rights Reserved.

〒461-0003
名古屋市東区筒井三丁目26-27(池尾ビル5B)
ミュゼカフラワー&カリグラフィー
TEL:052-775-7165 FAX:052-775-7153