ミュゼカブログ

カリグラフィー ゴシック体修了作品

2014-05-06

今日で連休も最後になりました。名古屋は雨が降ったり晴れたりの連休でしたが今日はとても良いお天気です。

 

さて、連休中には画像の整理も少しできましたので今日はカリグラフィー、ゴシック体の修了作品3点をご紹介いたしますね。

 

 

IMG_2089

 

その前にゴシック体の歴史について少しだけ。

中世に書かれた文字で冒頭の文字は金箔や華やかな彩色が施されています。

当時は文字を書くカリグラファーと装飾を施す彩色画家が共同で写本を作りました。

本の装丁はまた別の職人がといった具合です。

 

国によって、さらに教会ごとに伝統の文字があり現在でも多数のゴシック体の写本が残されています。

当教室では文字を勉強するのがメインですが、彩色技法のさわりだけレッスンをしております。金箔の貼り方と彩色の仕方を2レッスンで行う程度です。

 

こちらは三好が丘カルスポ教室の生徒さんの作品です。
ペンでさらりと装飾模様を入れて下さいましたので、今風のすっきりした作品となりました。

 

 

聖ザビエル天主堂

 

こちらは名古屋教室の生徒さんの作品です。文字の余白は四角く模様で埋めるのですが、ケルトの組紐文様があしらわれています。

 

 

__ 1

 

最後は岡崎教室の生徒さんの作品です。余白はパステルを使い今風で温かみのある作品に仕上げて下さいました。上下に配したコバルトブルーのボーダーが作品を引き締めています。

 

 

 

カリグラフィー教室についてはこちら★

 

 

 

 


Copyright© Copyright© 2012 museca All Rights Reserved.

〒461-0003
名古屋市東区筒井三丁目26-27(池尾ビル5B)
ミュゼカフラワー&カリグラフィー
TEL:052-775-7165 FAX:052-775-7153