ミュゼカブログ

ゴシサズドイタリック体修了作品

2014-05-12

名古屋NHK文化センター「基礎から学ぶカリグラフィー」講座の生徒さんの作品です。

 

 endymion1

 

 

ジョン・キーツの「エンディミオン(Endymion)」の一節です。

 

美しいものは永遠の喜びだ
それは日ごとに美しさを増し
決して色あせることがない
わたしたちに安らぎをもたらし
夢多く健康で静かな眠りを与えてくれる

 

エンディミオンはギリシャ神話に出て来るとても美しい牧童です。月の女神セレナはエンディミオンに永遠の生命を与えて欲しいとゼウスに願います。

ゼウスはその願いをかなえ、永遠の安らかな眠りを与えたのでした。

 

 

生徒さんはもう一枚作品用紙と色彩を変え、作品を作って下さいました。

 

 

endymion2

 

 

書体はゴシサズドイタリック体と言います。20世紀初頭にエドワード・ジョンストンが考案した書体です。

 

 

カリグラフィー教室についてはこちら★

 

 

 

 

 

 


Copyright© Copyright© 2012 museca All Rights Reserved.

〒461-0003
名古屋市東区筒井三丁目26-27(池尾ビル5B)
ミュゼカフラワー&カリグラフィー
TEL:052-775-7165 FAX:052-775-7153